Blog&column
ブログ・コラム

口約束も契約として成立するの?

query_builder 2022/05/21
コラム
14
口約束も契約として成立するのでしょうか。
契約書を取り交わさなくても成立するのか気になるところですよね。
口約束も正式な契約として認められるかについて確認してみましょう。

▼口約束も契約として成立するの?
法律では口約束も契約として成立します。
たとえ契約書にサインがなくても、口約束をした段階で双方に合意があれば、問題はありません。
口約束による契約は「諾成契約」と呼ばれるものです。
契約内容に違反してしまうと法的なトラブルになる可能性があるため、注意しましょう。

■口約束による契約トラブルへの対処法
可能であれば口約束だけで終わらせるのではなく、契約書を作成すると良いでしょう。
しかし状況によっては契約書を作成するのが難しい場合もありますよね。

もし口約束に対しての契約不履行や違反があったなら、専門家である弁護士への相談がおすすめです。
弁護士なら法的な知識をもとに適切な対処をしてくれますのでスムーズな解決が目指せます。
口約束によってトラブルが発生したら、まずは弁護士に相談してみましょう。

▼まとめ
口約束だとしても法的には契約が成立してしまいますので、十分に注意しましょう。
トラブルを引き起こさないように、口約束ではなく契約書に内容を残しておくのが安心だと考えられます。
契約不履行・違反などによりトラブルが発生してしまったなら、まずは専門家である弁護士に相談してみましょう。
法律の知識をもとにトラブルを解決に導いてくれますので、弁護士への相談はおすすめですよ。

NEW

  • 債務整理後の生活はどうなるの?

    query_builder 2022/07/01
  • 債務整理にはどのようなメリットがあるの?

    query_builder 2022/06/22
  • 合意書は無効にできるの?

    query_builder 2022/06/01

CATEGORY

ARCHIVE