Blog&column
ブログ・コラム

任意整理(債務整理)にかかる期間は?

query_builder 2022/08/01
コラム
25
「借金を払い切れないので、任意整理を検討している」という方はいませんか?
今回は、任意整理にかかる期間について解説させていただきます。

▼任意整理にかかる期間
任意整理が完了するには、弁護士に相談してから3か月~半年ほどかかるのが一般的です。

▼任意整理の手続きの流れ
任意整理は、以下のような流れで行なわれます。

①弁護士に相談
まずは弁護士(または認定司法書士)に相談することから始めましょう。
自分で債権者(金融機関など)と和解交渉することも可能ですが、慣れていないと上手くいかないことが多いです。

②受任通知の送付
弁護士が債権者に受任通知を送付します。
債務者(お金を借りている人)の代理人として、弁護士が債務整理の手続きを行なうことを知らせる意味があります。

③取引履歴の開示請求
債権者に取引履歴を開示してもらえるよう請求します。
開示請求には、長くて1か月ほどかかります。

④借金額の確定
1~2週間ほどかけて債務者の借金額を調べます。
利息制限法を超える利息を支払っている場合は、過払い金の返還請求も行ないます。

⑤債権者との交渉
毎月の返済額の見直しなどを行なうために、実際に弁護士が債権者と交渉します。

⑥和解成立
和解が成立したら、新たな契約書をもとに借金の返済を行なっていきましょう。

▼まとめ
任意整理には一連の流れがあり、合計で3か月~半年ほどかかるでしょう。
手順を踏んで対応することで、借金の返済の開始まで円滑に運ぶことができます。
港区にある『法律事務所DeRTA』は、問題解決の専門家です。
一般の方から法人まで幅広くサポートしておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

NEW

  • 交通事故の示談交渉にかかる期間は?

    query_builder 2022/08/08
  • 任意整理(債務整理)にかかる期間は?

    query_builder 2022/08/01
  • 債務整理は弁護士への依頼が良い理由とは?

    query_builder 2022/07/22
  • 債務整理と任意整理の違いとは?

    query_builder 2022/07/15
  • 債務整理の種類について

    query_builder 2022/07/08

CATEGORY

ARCHIVE