Blog&column
ブログ・コラム

自己破産できる条件とは?

query_builder 2022/09/01
コラム
29

自己破産の手続きをする機会はなかなか無いため、準備などに苦労される方もいらっしゃるようです。
「借金が払えそうもない」というギリギリの状態であれば、できるだけ負担を減らしたいものですよね。
今回は、自己破産できる条件について解説していきます。

▼自己破産とは
自己破産とは裁判所へ申し立てをすることにより、借金を帳消しにする手続きのことを言います。
ただし自己破産をするためには一定の条件を満たす必要があるので、誰でも行なえるわけではありません。

▼自己破産ができる条件
以下に該当する場合は、自己破産ができる可能性があります。

・収入は安定しているが、借金の額が多すぎて返済のめどが立たない
・一定の収入がなく、借金の返済ができない
・免責不許可事由に該当していない
※「免責不許可事由」とは、借金の返済が免除にならない原因のこと。

自己破産の原因がギャンブルによる借金や故意に財産を隠している場合は、免責不許可事由に該当するので自己破産を行なえません。

▼自己破産が難しいケース
以下に該当する場合は、自己破産は難しいかも知れません。

・免責不許可事由に該当している
・同居している家族にバレたくない
・自己破産できない職業に就いている(弁護士・税理士・警備員など)

ただし、実際の自己破産手続きの95%以上には許可が下りています。
免責不許可事由など心当たりがなければ「自己破産できないのでは」と心配しすぎる必要はありません。

▼まとめ
借金返済が不可能な場合や、免責不許可事由に該当していない場合は自己破産ができる可能性が高いです。
しかし免責不許可事由に該当するなどの理由から自己破産できないケースもありますので、しっかり確認して申請を行いましょう。
港区にある『法律事務所DeRTA』は問題解決の専門家として、多くの相談者様に信頼いただいております。
借金問題や交通事故債権回収などさまざまなトラブルを解決いたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

NEW

  • 弁護士に相談する時のコツとは?

    query_builder 2023/02/01
  • 信頼できる弁護士の選び方とは?

    query_builder 2023/01/15
  • 不動産トラブルで弁護士に相談するメリット

    query_builder 2022/12/15
  • 破産手続きの流れについて

    query_builder 2022/12/01

CATEGORY

ARCHIVE